アサリの旬は春と秋!3月中旬潮干狩りの時期がうまいんです!!


日本人はあさり好き!!浅蜊の特徴とアサリ料理の紹介です♪

アサリ料理 あさりの寿司

 

 

お寿司屋さんでは、寿司ネタとしてよりも、
『お椀』としての方が、印象的なアサリ

 

 

 

もちろん、お寿司で食べても美味しいんですよ♪

 

 

 

味も美味しく、手頃に料理できるために、
日本では、大人気の貝の一つとして有名ですね。

 

 

 

そんなアサリの特徴と、
馴染みの料理をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

〜 あさりの特徴 〜

 

 

 

あさりは日本で食べられる代表的な貝の1つです。 

 

その語源は「漁る(あさる)」からきています。

 

 

あさりといえば、春になると潮干狩りをすることで親しまれています。

 

 

 

ちなみに、砂泥地に生息しているあさりよりも、
水のきれいな場所に住んでいるあさりの方が美味しいです♪

 

 

 

 

沖合で取れたあさりの方が海の香りも楽しめますよ。

 

 

旬の時期は産卵期を迎える春と秋になります。 

 

 

 

潮干狩りシーズンになる3月中旬〜4月にかけてや、
9月あたりが身がつまっていて美味しい時期ですよ。

 

 

 

逆に冬になると身も痩せているので、
あまり美味しくはありませんね。

 

 

 

ちなみにスーパーでもよく売られているあさり。 

 

貝殻が閉じているあさりが新鮮な目安になります。

 

 

そして、貝殻が大きいものが
美味しいあさりの見分け方ですので、

 

スーパーで購入する際は参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

あさり料理といえば

 

 

あさりと言えば、いろんな料理に使われていますよね。 

 

 

 

みそ汁やお吸い物はもちろん、
パスタやチヂミにもあさりが使われています。

 

 

 

たくさんのあさり料理があるので、
どれがおすすめかといえば、

 

本当にお好みの世界になってしまいます。^^;

 

 

 

漁師さんは、あさりのバター炒めをよく食べているそうです。 

 

 

あさりはバターと合いますからね。

 

 

ちなみにこのあさりですが、
お酒のお供にはとってもいいのをご存知でしょうか? 

 

 

 

 

なぜなら、

 

あさりにはタウリンがたくさん含まれているからです。

 

 

 

タウリンというのは、
肝臓の解毒作用を促進してくれる働きがあるのです。

 

 

 

おつまみに食べるのもいいですよ♪

 

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

サザエ
サザエが美味しいとされている旬の時期は、冬から春にかけての時期です。お寿司屋さんでもなかなか食べる機会がなく、調理が面倒であるとか、調理方法がわからないといったかたも多いのではないでしょうか?サザエは簡単に、美味しく電子レンジでも調理することができますよ。
カズノコ
日本人に親しみ深い数の子について紹介しています。また、ワインを飲まれる方の為に、数の子とワインの相性についてのお話も紹介させて頂いております。数の子とワインの相性については、テレビでも紹介されるほどです。こちらで数の子とワインの相性について知ってください。

 

 

ページのトップへ戻る