白魚は2月からが旬!白魚の特徴と白魚の塩辛についての豆知識!!


白魚は塩辛にしてこそうまい!?珍味白魚の塩辛について!

白魚 旬 踊り食い 塩辛

 

白魚という魚の特徴と、珍味である
白魚の塩辛についてお話したいと思います。

 

 

白魚の特徴

 

 

春の訪れを告げると言われている白魚。

 

白魚という魚は名前の通り白い魚です。

 

 

生きているときは透明なのですが、死んでしまうと白くなってしまいます。
新鮮な白魚は透明でとてもきれいです。

 

ちなみに、白魚に似た魚に「素魚(シロウオ)」があります。

 

シロウオと言えば、博多の踊り食いが有名ですが、
白魚とは違う魚なのです。

 

ややこしいので良く間違えられますね。

 

 

 

白魚はあの徳川家康の大好物としても知られる魚です。
江戸っ子にはとても馴染みのある魚なのです。

 

春には産卵のために、隅田川にもやってきたようです。
それが江戸では春の風物詩だったようですね。

 

そんな白魚の旬はやはり初春になります。
江戸では、ひな祭りに白魚のすまし汁を食べるという風習もあったんですよ。

 

 

 

白魚の塩辛とは!?

 

 

塩辛料理といえば、イカなどが有名なのですが、
この白魚も塩辛にされているのです。

 

白魚を使った塩辛というのはとても珍しく、
まさに珍味と言えるでしょう。

 

 

とろけるような食感に、白魚独特の風味が楽しめます。
お好みですが、お醤油を入れても美味しく食べることができますよ。

 

 

白魚の塩辛はご飯にも合うのですが、
なんといっても酒の肴にぴったりです。

 

 

酒飲みにはたまらないと言われている白魚の塩辛。
とにかくお酒が進むということで評判なのです。

 

 

きれいな見た目も楽しむことができる白魚の塩辛。
ぜひとも酒の肴に食べてくださいね。

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

ズワイガニ
ズワイガニの旬は11月から3月といわれていますが、寿司ネタでガッツリ楽しむなら2月がおすすめです♪そして、多くの方が疑問に思う、ズワイガニってヤドカリだったの!?という疑問ですが、実は・・・。ズワイガニの特徴と、ヤドカリなのか!?という真相に迫ります。
赤貝
こちらでは赤貝の旬の時期を含む赤貝の特徴と、赤貝が持つ毒についての情報を掲載しています。栄養たっぷりの美味しい赤貝なのですが、食べる時期によっては、神経性の麻痺や下痢などの食中毒の症状を起こす場合があります。

 

 

ページのトップへ戻る