鮭の旬!サーモン寿司は9月が一番うまい!!シャケに寄生虫!?


旬の9月!サーモンの握りは別格の味!!鮭の寄生虫に関する裏知識

鮭 寄生虫

 

 

大人も子供も大好きなサーモンの寿司」!!

 

 

家族でお寿司屋さんに行くと、
注文の中に必ず入れるシャケのお寿司ですが、

 

 

 

「鮭ってどんな魚なの?」

 

 

 

 

と子供に聞かれて、答えに困る大人の方も
多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

今回は、鮭という魚の特徴と、
あまり知る人がいない、

 

 

鮭と寄生虫 のお話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

〜 鮭の特徴 〜

 

 

 

 

産卵された卵が成長し、
成魚となり卵を産卵しに川を遡上する鮭。

 

 

 

 

日本では、早いもので10月秋から冬の間に、
北海道、東北や本州にも鮭は遡上します。

 

 

 

 

 

生れた川に向かうのは鮭の習性で、
遡上を終えた親魚は、命を尽きて死んでしまいます。

 

 

 

 

 

成魚になるまでの、
鮭の一生はそう甘くはないのです。

 

 

 

 

産卵期の鮭は、体長70p〜80pまで成長し、
成長が著しい物では90pを超えるものもいます。

 

 

 

鮭は稚魚の内から 6年 の歳月をかけて、
生れた川に戻る習性があります。

 

 

 

 

 

しかし、成魚になっても海を泳ぎまわることで、
体が重い鮭は、遡上できなくなります。

 

 

 

自分の生まれた川に戻れるのは、
小柄な鮭が多いのです。

 

 

 

 

 

 

鮭の習性を知ることで感じるのは、
人に限らず、「母は強し!」ということです。

 

 

なんとメスは遡上中、お腹の子供のために、
一切の食事を摂らないで泳ぐのですから凄いですね。

 

 

 

 

 

鮭が一番美味しく食べれる旬は、
9月〜11月の「秋鮭」とされています。

 

 

旬ではない5月に食べられるのが
「時知らず」と呼ばれる鮭です。

 

 

 

 

鮭を今よりもっと美味しく食べるために、
これらの知識を、軽くでも頭に入れておくと、

 

 

もっと、もっと、サーモンのお寿司を
楽しめると思います。

 

 

 

 

 

 

では次に、あまり知っている人がいない、
鮭と寄生虫についてのお話をさせて頂きます。

 

 

 

 

秋鮭に付着する透明の寄生虫が、
時として、人間の食生活を脅かします。

 

 

 

 

 

 

日本の食生活の中でよく食べられる『お肉』は、
牛肉、豚肉、鶏肉とされ、さまざまな料理があります。

 

 

 

それらのお肉の調理法には、

 

 

煮る、炊く、焼く、揚げる、炒める。

 

 

 

という調理法がなされます。

 

 

 

 

 

これらの技術がある事で、基本的に私達は、
お肉を食べることはありませんよね?

 

 

 

 

 

「生の食材は、火を通して食べる」

 

 

 

 

この考え方は、肉類ばかりでなく、
魚類に関しても同じことがいえるのです。

 

 

 

これには、菌や寄生虫を退治するという
意味合いも込められています。

 

 

 

 

多くの魚に寄生する寄生虫として、

 

アニサキスという寄生虫がいます。

 

 

 

 

一般的に、アニサキスに寄生される魚

 

として知られているのが、鯖(サバ)です。

 

 

 

 

ですが、悲しいことに、
アニサキスは、鮭にも寄生するのです。

 

 

 

 

 

鮭やサバに寄生するアニサキスは、

 

 

火を通す事で退治され、口に入れるときに、
一緒に食べてしまったとしても、無害な状態となります。

 

 

 

 

 

鮭に寄生するアニサキスは、
鮭の一番美味しい時期である、

 

 

『秋鮭』にしか寄生しません。

 

 

 

 

つまり、旬ではない「時忘れ」の鮭には、
アニサキスは、寄生していないのです。

 

 

 

 

また、デパートに並ぶ鮭は、「塩鮭」
なっているものが多いと思います。

 

 

塩鮭の塩の役割は、味付けの役割も果たしますが、
アニサキスの寄生対策としての意味もあります。

 

 

 

日本のお寿司屋さんや、お食事処で出される鮭は、
寄生虫対策を、しっかり行なっていると思いますが、

 

 

 

万が一の為にも、鮭に寄生する
寄生虫の知識を頭に入れておきましょう!

 

 

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

サンマ
秋といえば、日本では秋刀魚が美味しくなる季節として有名ですよね!サンマには、ビタミンやカルシュウムも多く含まれ貧血防止に効果のある鉄分も含まれています。そんな美味しいさんまですが、ペンネラという寄生虫が付くことがあります。サンマを食べる前に、ペンネらについて知りましょう!!
イクラ
赤く美しい小粒、イクラ。名付け親や日本人ではなくロシア人だと知っていましたか!?また、いくらについては、筋子と何が違うの?という疑問をよく聞きます。イクラの面白いお話と、いくらとすじこの違いについて紹介します!!
イワシ
鰯(イワシ)の旬の時期は夏の時期とされ、8月から10月頃の間が脂の乗りも良く一番美味しい時期とされています。イワシという魚についてのお話と、ちょっと深い豆知識をご紹介しています。

 

 

ページのトップへ戻る