9月が旬のさんま!サンマの栄養と寄生虫ペンネラについての情報


秋のサンマは栄養満点!!食べる前にペンネラについて学ぼう!

サンマ 寄生虫 ペンネラ

 

漢字で秋刀魚と書くさんまは、秋の味覚の一つです。
たしかに、刀のようにとがったビジュアルをしていますね。

 

8月〜9月になるとだんだん脂がのってきて、値段が安くなってきます。

 

だいこんおろしをかけて食べると、さっぱりとして美味しいです。

 

 

さんまの栄養ですが、良質のタンパク質や貧血防止に効果のある鉄分、
粘膜を丈夫にするビタミンA、カルシウムと
その吸収を助けるビタミンDを多く含んでいます。

 

 

「さんまが出ると按摩(あんま)が引っ込む」ということわざがありますが、
さんまには栄養が豊富に含まれているから、食べた人は元気になって
按摩(あんま)に行かなくなる、という意味です。

 

 

ところで、さんまを食べる際の注意点ですが、
ペンネラというさんまに寄生する寄生虫がいます。

 

 

さんまの胴体から黒いひも状のものが出ている場合には、
この寄生虫が潜んでいるおそれが…。発見したら、取り除いて食べてください。

 

 

ペンネラには多くの種類がありますが、魚に寄生するのはメスのみ。
カジキやブリなどにも寄生しています。

 

 

大きなもので数10センチに達するものもあるということですが、
生きた魚にしか寄生せず、死ぬとほかの魚に移ります。

 

 

大量発生した年には、各地のスーパーで確認された様子ですが、
水産物を出荷する前に、「寄生虫の目視検査を行わなければならない」
との規定があります。目視漏れってことでしょうか?

 

 

なお、ヒトには寄生しませんから、
気づかずに食べてしまったとしても大丈夫です。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

サーモン
シャケの旬といえば9月です!10月の秋頃から生まれた川に戻り産卵することが知られる鮭ですが、産卵前の9月のシャケが一番美味しいとされていて、「秋鮭」と呼ばれています。うまい!うまい!と食うサーモンですが、寄生虫が寄生していることもしばしば・・・。
イクラ
赤く美しい小粒、イクラ。名付け親や日本人ではなくロシア人だと知っていましたか!?また、いくらについては、筋子と何が違うの?という疑問をよく聞きます。イクラの面白いお話と、いくらとすじこの違いについて紹介します!!
イワシ
鰯(イワシ)の旬の時期は夏の時期とされ、8月から10月頃の間が脂の乗りも良く一番美味しい時期とされています。イワシという魚についてのお話と、ちょっと深い豆知識をご紹介しています。

 

 

ページのトップへ戻る