ハマチは1年中旬とされている魚です!ブリ?ハマチ?かんぱち!?


ハマチの旬は1年中!でも寒ブリの時期に食べたいですね♪

はまち ブリ かんぱち 違い

 

はまちは出世魚です。 出世魚というのうは、
成長に従って名前が変わる魚のことです。

 

 

はまちは地域によっても呼び名が変わる、
ややこしい魚になります。

 

 

関東では「もじゃこ」→「いなだ」→「わかさ」→「ぶり」。

 

関西では「つばす」→「はまち」→「めじろ」→「ぶり」

 

 

と呼ばれています。

 

 

 

「はまち」というのは、関東でいう「いなだ」のことです。

 

 

ですが関西では「はまち」の養殖がとても盛んで
「いなだ」よりもずっと脂がのっています。

 

 

関東では養殖の「ぶり」を「はまち」と読んでいます。

 

 

やっぱり、ややこしいですね。

 

 

ハマチは、年中いつの時期でも美味しい魚ですが
「寒ブリ」と言われるだけに、冬の時期に食べたいですね♪

 

 

 

ぶり、はまち、かんぱちの違いについて

 

 

上記のようにはまちは出世魚です。

 

はまちが成長したものが「ぶり」になります。

 

 

他にもはまちには「かんぱち」という魚にとても似ています。

 

見た目も味もそっくりなのですが、
こちらは、まったく関係のない別種類の魚です。

 

 

かんぱちもはまちと同じブリ科になります。

 

はまちよりも若干あっさりしているのが特徴になります。

 

 

ですから、お寿司など刺身用の魚として
食べられることが多いですね。

 

 

見た目としては、「はまち」は、
全体的に青っぽく「カンパチ」は黄色っぽいのが見分け方になります。

 

 

また、かんぱちは真上から見ると、頭に八の字のくぼみがあります。

 

それが「間八(かんぱち)」の語源になっているのです。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

ブリ
出世魚として有名なブリ!お寿司屋さんでは、冬のこの時期に脂の乗った美味しいブリが楽しめます。ブリの呼び名は地域で変わり、出世時の名前を入れると100以上、1月の美味しいブリを食べる前に、ちょっとだけウンチクを知ってみよう!!
アマエビ
甘エビの旬の時期は、冬の寒い時期とされています。お寿司でもそうですが、口の中にいれると「とろぉ〜」っとした旨みが広がりますよね!そんな甘海老ですが、時に卵を持ったエビを見かけることがあります。さて、アマエビの卵は食べれるのでしょうか?
サワラ
漢字で魚に春と書く鰆(サワラ)は、漢字の如く春が旬と思われるかもしれませんが、サワラの白身の味を楽しむのでしたら、冬の寒鰆を楽しむのが正解です。サワラは春から初夏にかけて瀬戸内海で産卵するため、関西では春が旬とされています。
キンメダイ
白身で美味しい金目鯛ですが、妊娠中に食べるのは水銀の影響などを考えるとあまりオススメとは言えません。とても美味しい魚だけに、食べれないのは残念ですが、可愛い我が子の為に、ちょっとだけ我慢しましょうね!

 

 

ページのトップへ戻る