サワラの旬は関東が冬!関西が春!刺身の味がうまいのは冬の鰆!


サワラを食うなら冬の1月頃が一番うまい!刺身もイケマス♪

鰆 サワラ 旬 刺身

 

 

旬の時期が2つある鰆(サワラ)!!

 

 

関東では、冬の12月から2月が旬とされ、
関西では、3月から5月が旬とされています。

 

 

 

 

鰆(サワラ)は成魚になると、
雌よりもオスの方が体格が大きくなります。

 

 

 

サワラは体型が細長く、『腹(ハラ)』が『狭い(サ)』事から、
「サハラ」と言われたのが名前の由来となっています。

 

※狭いことを「サ」ということがある。

 

 

 

サワラの見た目は平べったく、産卵された卵は
3年もすれば立派な成魚になります。

 

 

寿命は6年とされています。

 

 

 

体の色は腹部が銀白色、
背部は青灰色と蒼く鮮やかだ。

 

 

サワラは、春から秋は群れを成して生活し、
冬になれば深海に潜り、カタクチイワシを捕食します。

 

 

サワラにとって冬は、体の成長が止まる時であり、
サワラは冬だけ雑食をするのです。

 

サワラは瀬戸内海や北海道や東シナ海に分布します。

 

 

 

サワラと言えば、淡白な味でおなじみの白身魚です。

 

 

 

冒頭でも書きましたが、サワラの旬の時期は、
漢字のごとく、魚に春と書き『鰆』と呼ぶので、
春から初夏の時期が、サワラの旬と言われています。

 

 

ですが、この時期をサワラの旬としているのは、
関西の方面に多く、その理由としましては、

 

 

サワラが瀬戸内海に、産卵しに沢山集まり、
関西方面で、沢山捕獲されるからなのです。

 

 

 

関東では、サワラの白身が美味しく頂ける、
『寒鰆』の時期、12月〜2月を旬としています。

 

 

 

魚の身を刺身で食べると、サワラの美味しさがよくわかります。
先ず匂いを楽しみ、何も付けずに味わい食べて頂きたいですね!

 

 

 

口に入れたサワラの刺身は、美味しいと言う言葉以外に、
軟らかい風味と食感がする。とも表現できます。

 

 

 

 

舌でサワラの刺身が溶けてしまうような味わいは、
ひと時の間、時間を忘れさせてくれるほど、うまいものです。

 

 

 

 

刺身の通は、刺身醤油をあまりつけたりしません。

 

 

醤油をつけすぎる事で、魚本来の旨みが薄れ、
味わいが感じられなくなるからです。

 

 

 

満足感を与える薬味、ワサビも適量を使う事で、
本来の魚の味をより美味しく引き立ててくれるのです。

 

 

 

サワラの風味と、切れの良い深みある味わいが、
幾人もの人々を引きつけて飽きさせない、一番の理由となっています。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

ブリ
出世魚として有名なブリ!お寿司屋さんでは、冬のこの時期に脂の乗った美味しいブリが楽しめます。ブリの呼び名は地域で変わり、出世時の名前を入れると100以上、1月の美味しいブリを食べる前に、ちょっとだけウンチクを知ってみよう!!
アマエビ
甘エビの旬の時期は、冬の寒い時期とされています。お寿司でもそうですが、口の中にいれると「とろぉ〜」っとした旨みが広がりますよね!そんな甘海老ですが、時に卵を持ったエビを見かけることがあります。さて、アマエビの卵は食べれるのでしょうか?
ハマチ
ご存知の方も多いと思いますが、はまちはブリの成長段階にある名称です。また、ハマチは養殖されていることも多いので、年間を通じて美味しく頂くことができます。ちなみに、ブリの旬は12月から2月とされ、寒ブリと呼ばれています。
キンメダイ
白身で美味しい金目鯛ですが、妊娠中に食べるのは水銀の影響などを考えるとあまりオススメとは言えません。とても美味しい魚だけに、食べれないのは残念ですが、可愛い我が子の為に、ちょっとだけ我慢しましょうね!

 

 

ページのトップへ戻る