アオリイカの時期!!オスとメスを見分ける方法も紹介中!!


5月にうまいアオリイカ!特徴とオスメスの見分け方を紹介♪

アオリイカ 時期 オスメス見分け方 生態

 

大型のイカとして分類されるアオリイカ
成長する事で体重が6キロと体の大きさも桁違いだ。

 

悠然と泳ぐ様子は、まるで海の主のようにもみえます。

 

アオリイカのアオリとは漢字で「障泥」と書きます。

 

つまり体のヒレの様子や半円形のヒレの形が
馬に取り付ける泥除けの馬具に似るからだそうです。

 

アオリイカの産卵は、春から夏にかけて始まります。

 

深海に産んだり、海藻に絡ませるように卵を産み付ける事で卵は稚魚となります。

 

稚魚にとって、大型魚から捕食されることは、
絶対的に避けたいことのひとつです。

 

幼魚(稚魚)は、擬態するかのように周りの色に同化する体の構造をしています。
この技術も生きて行く術と言えますね。

 

アオリイカの別名として、バショウの葉に似る事から
バショウイカとも命名されています。沖縄方面ではシロイカとも言われます。

 

アオリイカの旬は5月とされ、まさしく春に食べごろを迎えるイカとして有名です。
刺身にしても美味しく、料理の幅も広く、柔軟性がある食材です。

 

アオリイカは、一見コウイカに似ていますが、コウイカよりも軟らかいのが特徴です。
そして難しいのが、アオリイカの雌雄の見分ける方法です。

 

アオリイカには、背中に特徴があります。
雌雄を見分けるのには、背中を見ないといけません。

 

体型にて、アオリイカの雌雄は見分けにくいです。
その訳としては、イカ自体が軟体生物であるからです。

 

背中の模様には、横縞が散在します。

 

その横縞がはっきりわかるのがオスであり、
背中に横縞があるかどうかが分からないのがメスであります。

 

「背中を見てください」と言っても
「一体どちらが背中なのか」と迷われる方も多いと思います。

 

この場合は、イカの口のある方を、お腹と認識して頂ければと思います。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

シャコ
お寿司のシャコが好きな人って結構多いんですね!中には、死体を食べてるらしいから、ちょっと無理。という人も・・・。実際に海底に沈んだ死体を食べていたとしても、同じように魚も食べてます。(笑)でも知ってましたか?シャコってもの凄く攻撃力が高くて危険なんですよ?
カレイ
カレイといえば、白身が美味しい魚として有名です。料理方法も沢山あり、寿司ネタとしても人気のお魚です。カレイの通の方がたは、子持ちカレイをよく食べます。煮付けにもしますが、塩焼きも実は美味しいんですよ!

 

 

ページのトップへ戻る