カレイの寿司は5月がうまい!?子持ちカレイの塩焼きもGOOD!


お寿司のカレイもいいですが、子持ちカレイの塩焼きも!!

カレイレシピ 寿司 子持ちカレイの塩焼き

カレイの特徴

 

カレイはとても種類が多い魚です。約40種類ほどいるのですが、
その中でも流通量が多いのが真ガレイとマコガレイです。

 

マコガレイは裏が真っ白で、真ガレイには
黄色いラインが入っているのが見分けるポイントです。

 

カレイは大衆魚として、たくさん食べられている魚なのですが、
近年は他区量も減ってきています。

 

どんどん高級魚へとなっていくでしょうね。

 

 

カレイの旬は種類や地域によっても変わっています。
産卵期前の子持ちカレイがとても美味しいですよ。

 

カレイに似ているヒラメの旬は冬ですが、
マコガレイの旬は夏になってきます。

 

ヒラメは春になると味が落ちるということもあり、
カレイを夏に食べることも多いのです。

 

また、カレイといえばとても栄養素が豊富な魚です。

 

脂肪分がとても少ない魚ですので、
ダイエット中に食べる人も多い魚なんですよ。

 

 

子持ちカレイの塩焼き

 

カレイは干物にして食べるのも美味しいのですが、
塩焼きでも美味しく食べることができます。

 

子持ちのカレイでも塩焼きにして食べることができます。
また、子持ちのカレイを焼く時はしっかりと火を通すようにしましょう。

 

子持ちのカレイは身が厚くなっているので、
生焼けになってしまうことも多いので注意してください。

 

 

冬場になると、子持ちの魚が美味しくなる傾向が強いですが、
カレイもその1つですね。

 

塩焼きはもちろん、煮付けにしたときの
子持ちのカレイは格別の美味しさを誇ります。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

シャコ
お寿司のシャコが好きな人って結構多いんですね!中には、死体を食べてるらしいから、ちょっと無理。という人も・・・。実際に海底に沈んだ死体を食べていたとしても、同じように魚も食べてます。(笑)でも知ってましたか?シャコってもの凄く攻撃力が高くて危険なんですよ?
アオリイカ
春から梅雨の時期に入るころ、海の中では旬を迎える魚がたくさん!!この時期に魚や貝を食べるなら、やっぱり旬の魚を食べたいですよね!もちろん、魚や貝の旬は、美味しいお寿司にも影響してきます。5月に寿司を食べるなら、旬のこれらを食べましょう!

 

 

ページのトップへ戻る