いさきのアクアパッツァが美味!旬の魚と寿司ネタのウラ情報!!


アクアパッツァが美味しいイサキのちょっとした豆知識!!

イサキのアクアパッツァ情報 寄生虫

 

いさきは、釣りや定置網漁でよく釣れる魚の一種です。

 

イサキは成魚になっても体長45pほどと、巨大に育つ魚ではありません。
オリーブ色のボディが目立ち、鱗はきめが細かく、ザラザラとした鮫肌です。

 

いさきは、成魚になるまで4年もの間、
群れを作って生活します。

 

朝は海底の砂に潜み、魚の動きが鈍くなる夜にハンターと豹変するのです。
鋭い歯が特徴ではないですが、雑食性で肉食魚、硬い甲殻類も噛み砕きます。

 

イサキを食べる場合には、必ず気を付けて欲しいことがあります。

 

実はこのいさきという魚にも、アニサキスという寄生虫が寄生することがあるのです。
食中毒になる危険性もあるので、注意して食べなければなりません。

 

海の世界では、そこら中にあるような貝の毒を、
イサキを介して人間が食べてしまう場合もありますので注意してくださいね。

 

この魚がイサキと付けられた理由に「磯魚」(いそき)が
訛ったものだと言う説もあり、地方によって呼び名が違うのです

 

イサキの旬は初夏です!本格的に夏を迎える7月が最盛期となっています。

 

 

いさきを使った安全で美味しい料理について

 

このいさきは、幅広い料理に使えることで有名です。

 

焼き魚、揚げ物、煮物、刺身と、沢山の料理に使うことができ、
さらに、とても美味しい魚でもあります。

 

近年では、いさきの養殖技術が進歩しているので、
巷では、安全性の高い養殖物が出回っていることが多いです。

 

また、珍しいイサキ料理として、イタリア料理とコラボレーションした、
イサキのアクアパッツァというのがあります。

 

イタリア料理のアクアパッツァにいさきを使うと、
びっくりするほど美味しいスープが出来上がるのです。

 

旬の魚を使ったアクアパッツァには、
イサキの代わりにスズキを使う場合もあります。

 

ところであなたは、このアクアパッツァこの言葉の意味を知っていますか?

 

ある一説では、怒るように水が煮立つと言う意味があります。
凄くほど美味しい料理ですが、日本語にしてしまうと、意味不明な言葉ですよね。笑

 

もしもあなたが洋食風の料理が好きであれば、
このいさきのアクアパッツァはぴったりの料理です。

 

是非、チャレンジして召し上がってくださいね♪


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

アワビ
あわびと言えば、とっても美味しい貝というイメージがありますよね!通販でも人気商品で、多くの方が購入されているようです。ですが、あわびにとってもよく似た貝が、あわびのように売られています。それがトコブシ・・・
アナゴ
穴子(あなご)と鰻(うなぎ)の明確な違いが、あなたにはわかりますか?このアナゴとウナギの違いについては、農林水産省が解説していました。では、お寿司屋さんでは、鰻とアナゴはどちらが格上となっているのでしょうか?この疑問について回答します。
ウナギ
日本人に馴染み深い『うなぎ』ですが、なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるかご存知ですか?また、うなぎにはどんな栄養素が含まれているのかご存知ですか!?うなぎには豊富なビタミンと、ミネラルが含まれ、疲労回復や視力の低下。皮膚などを健康に保つ働きがあるんですよ!
ウニ
みなさんは、ウニの種類がどのくらいあるのかご存知ですか?その種類の数は日本だけでも100種類を超えます。また、世界的に見ると800種類を超えるんです。もちろん日本で食べることのできるウニの種類もそれぞれ旬の時期が違います。また、ウニには毒をもったウニもいるので注意が必要です。

 

 

ページのトップへ戻る