穴子は7月が旬!お寿司のうなぎとあなごはどちらが格上なの!?


穴子は7月がうまい!鰻と穴子の違いと、寿司屋での格付けとは!?

穴子と鰻の違い 寿司屋の格付け

 

 

うなぎあなごで、どちらがお好きですか?

 

 

私は最初、お寿司屋さんで出るあなごを
うなぎだと思って食べていました。笑

 

 

そこで、うなぎとあなごについて調べてみたところ、
農林水産省が回答していました。

 

 

Q.

 

うなぎとあなごはよく似ていますが、
どこが違うのか教えてください。

 

 

 

A.

 

うなぎとあなごはどちらもうなぎ目に属していますが、
うなぎはうなぎ科、あなごはあなご科の魚です。

 

 

どちらも体が細長く、1メートル程度の長さですが、
あなごの頭部には白点があり、

 

また、背びれの下にも、白点が1列に並んでいるのが特徴です。

 

 

うなぎは、稚魚の頃は淡水に生息していますが、
成魚になると産卵するために海へ出ます。

 

あなごの方といえば、海で一生を過ごします。

 

 

食品としてみた場合の違いですが、
あなごの脂質含有量はうなぎの半分程度です。

 

 

 

栄養の面からいうと、あなごはビタミンAを豊富に含み、
目や皮膚に良いとされています。

 

うなぎはそれ以上で、ビタミンAはもちろんのこと、
DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、
ミネラルなどに富んでいます。

 

 

 

 

価格の面でも差が出ており、
あなごは安価な回転寿司で食べることができますが、

 

うなぎは「土用の丑の日」に、
けっこうなお値段で販売されています。

 

 

なお、関西方面では、うなぎ寿司を出している
お寿司屋さんがありますが、関東では珍しいかもしれません。

 

 

以上のことから、うなぎとあなごでは、
うなぎの方が“格上”といえるでしょう。

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

アワビ
あわびと言えば、とっても美味しい貝というイメージがありますよね!通販でも人気商品で、多くの方が購入されているようです。ですが、あわびにとってもよく似た貝が、あわびのように売られています。それがトコブシ・・・
イサキ
いさきという魚の写真と寿司画像を紹介しています。また、あまり聞きませんが、イサキのアクアパッツァという料理が、もの凄く美味しいというので、その情報も掲載してみました。ご興味ある方はご覧ください。
ウナギ
日本人に馴染み深い『うなぎ』ですが、なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるかご存知ですか?また、うなぎにはどんな栄養素が含まれているのかご存知ですか!?うなぎには豊富なビタミンと、ミネラルが含まれ、疲労回復や視力の低下。皮膚などを健康に保つ働きがあるんですよ!
ウニ
みなさんは、ウニの種類がどのくらいあるのかご存知ですか?その種類の数は日本だけでも100種類を超えます。また、世界的に見ると800種類を超えるんです。もちろん日本で食べることのできるウニの種類もそれぞれ旬の時期が違います。また、ウニには毒をもったウニもいるので注意が必要です。

 

 

ページのトップへ戻る