ウニは種類で旬の時期が違う!?毒をもったウニには要注意!!


うにの寿司は7月に食べよう!種類で変わるウニの旬!!

うに 旬 毒

 

 

口の中でトロける食感と、クリーミーな味わいが人気のうに

 

 

お寿司の中でも、高いネタとして有名ですね!

 

 

さてこの『うに』なのですが、
旬の時期が種類によって変わります。

 

 

また、ウニの中には毒をもった種類もあるので、
触るときには要注意ですよ!

 

 

 

では、ウニの旬を絡めた特徴と、
毒のあるウニについて、お話したいと思います。

 

 

 

うにの特徴

 

 

うには見た目がクリのイガに似ている食べ物です。
食べる部分は中にある生殖巣になります。

 

うにの種類はなんと、100種類以上あるのです。

 

 

日本だけで100種類以上で、
世界まで目を向けると800種類を超えるんですよ!

 

 

とはえい、市場に出回っているのは4種類だけです。

 

 

ムラサキウニ」「キタムラサキウニ

 

バフンウニそしてエゾバフンウニです。

 

 

これだけでもややこしいのですが、
うには種類によって旬の時期も違うのです。

 

 

 

ウニの種類ごとの旬の違い

  • 3〜4月はバフンウニ。
  • 6〜8月がムラサキウニ。
  • 7〜8月がエゾバフンウニ。
  • 9〜11月がキタムラサキウニです。

 

 

 

ややこしいとはいえ、
それだけ長い時期旬を楽しめる食材ということですね!

 

 

 

ちなみにムラサキウニ系は白ウニ、バフンウニ系は赤うにと呼ばれます。
赤うにの方が身もしまっていて美味しいですよ。、

 

 

 

 

うにには毒をもったウニがいます!触るときには要注意!!

 

 

うにというのはを持っている種類もあります。

 

 

食べているうにに毒があるわけではないのですが、
中には毒をもっているうにもいます。

 

 

 

特に被害が多いのがガンガゼと言われる種類です。

 

 

うに ガンガゼ 違い 毒

 

 

ガンガゼはトゲの部分に毒があるので気をつけなければいけません。

 

 

見た目も区別がつかないので、勘違いして刺されてしまったり、
うっかり踏んでしまうこともあります。

 

 

刺されてしまうと、とても痛いですし、麻痺してしまうケースもあります。

 

 

ガンガゼはトゲが長く折れやすいので、
患部に刺さったまま抜けないこともあります。

 

 

刺されたら、水で洗い流してトゲを取りましょう。

 

 

そしてすぐに病院にいって、トゲが残らないようにしてください。。

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

アワビ
あわびと言えば、とっても美味しい貝というイメージがありますよね!通販でも人気商品で、多くの方が購入されているようです。ですが、あわびにとってもよく似た貝が、あわびのように売られています。それがトコブシ・・・
イサキ
いさきという魚の写真と寿司画像を紹介しています。また、あまり聞きませんが、イサキのアクアパッツァという料理が、もの凄く美味しいというので、その情報も掲載してみました。ご興味ある方はご覧ください。
アナゴ
穴子(あなご)と鰻(うなぎ)の明確な違いが、あなたにはわかりますか?このアナゴとウナギの違いについては、農林水産省が解説していました。では、お寿司屋さんでは、鰻とアナゴはどちらが格上となっているのでしょうか?この疑問について回答します。
ウナギ
日本人に馴染み深い『うなぎ』ですが、なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べるかご存知ですか?また、うなぎにはどんな栄養素が含まれているのかご存知ですか!?うなぎには豊富なビタミンと、ミネラルが含まれ、疲労回復や視力の低下。皮膚などを健康に保つ働きがあるんですよ!

 

 

ページのトップへ戻る