うなぎの旬は夏と冬!?うなぎが含む栄養素がめっちゃすごい!!


『うなぎ』についての豆知識!うなぎの栄養素が半端じゃない!!

うなぎ 栄養 ビタミン ミネラル

 

うなぎといえば、土用の丑の日が有名ですが、
うなぎの旬が、夏だけじゃないのはご存知でしょうか?

 

 

まず、土用は「土旺用事(どおうようじ)」の略で、
立夏・立秋・立冬・立春の前の約18日間を指します。

 

 

 

丑の日については、十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の“丑”から来ています。

 

 

 

なぜ、「土用の丑の日」にうなぎを食べるようになったのかですが、
夏の土用の時期は暑さが厳しく、夏バテしやすいことから、

 

「精の付くもの」を食べる習慣ができたようです。

 

 

 

うなぎのほかには、「土用しじみ」、「土用餅」、「土用卵」などを食べることにより
暑さに負けず、病気をせずにすごせると伝えられてきました。

 

 

一説によると、江戸時代に平賀源内という蘭学者が、

 

「夏場にうなぎが売れないので何とかしたい」

 

 

と近所の鰻屋に相談されて、

 

「本日丑の日」

 

 

と書いた張り紙を出したところ、大繁盛したのがきっかけといわれています。

 

 

 

 

うなぎに含まれる栄養素が素晴らしすぎる!!

 

 

私達が何の気なしに、「美味しいから」と口にしているうなぎですが、
鰻には、これらの栄養素がたくさん含まれているんですよ。

 

 

<< うなぎに多く含まれている栄養素の種類 >>
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサベンタエン酸)
  • ミネラル

 

 

などが豊富に含まれています。

 

 

疲労回復以外に、視力の低下や皮膚などを健康に保つ働きを持っています。

 

 

ところで、うなぎの旬の時期ですが、鰻屋さんによれば夏ではなく、
脂がのるのは冬だそうです。

 

 

栄養が豊富だから、夏に食べるのも間違いではありませんが、美味しいのは冬です。

 

 

 

江戸時代以降、アイデアマンだった平賀源内の営業戦略に、
まんまとのせられてしまっているということですね。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

アワビ
あわびと言えば、とっても美味しい貝というイメージがありますよね!通販でも人気商品で、多くの方が購入されているようです。ですが、あわびにとってもよく似た貝が、あわびのように売られています。それがトコブシ・・・
イサキ
いさきという魚の写真と寿司画像を紹介しています。また、あまり聞きませんが、イサキのアクアパッツァという料理が、もの凄く美味しいというので、その情報も掲載してみました。ご興味ある方はご覧ください。
アナゴ
穴子(あなご)と鰻(うなぎ)の明確な違いが、あなたにはわかりますか?このアナゴとウナギの違いについては、農林水産省が解説していました。では、お寿司屋さんでは、鰻とアナゴはどちらが格上となっているのでしょうか?この疑問について回答します。
ウニ
みなさんは、ウニの種類がどのくらいあるのかご存知ですか?その種類の数は日本だけでも100種類を超えます。また、世界的に見ると800種類を超えるんです。もちろん日本で食べることのできるウニの種類もそれぞれ旬の時期が違います。また、ウニには毒をもったウニもいるので注意が必要です。

 

 

ページのトップへ戻る