お寿司のコハダは夏場が旬!出世魚コノシロの旬の時期の裏情報!


コハダの旬とコノシロの旬は違う!?こはだについての豆知識!

コハダの旬 出世魚 寿司ネタ

 

コハダという魚からイメージするものとして、
真っ先にお寿司が頭に浮かぶのは、私だけでしょうか?

 

 

お寿司屋さんでは、「コハダください!」というと、
気軽に食べれてしまうお魚ですが、

 

あなたはコハダという魚が、どんな魚かご存知ですか?

 

 

コハダの豆知識として、コハダという魚の特徴と、
『コハダの出世』について、ご紹介したいと思います!

 

 

コハダの正式名はコノシロと言います。

 

このコノシロというのは、コハダが出世した後の最後の呼び名です。

 

 

定置網や刺し網、また投げ網漁などといった捕獲方法にて、
大量に捕獲されることから、昔の人は、

 

「飯の代わりほどよく取れる魚」

 

という思いで、コノシロという呼び方をしたそうです。

 

 

コハダという魚は、成魚であるコノシロであっても、
体長25センチほどと小さい魚です。

 

 

木の葉のようで平べったい腹部は、銀白色に斑点があり、
口は小さく、海中のプランクトンを食べて生活しています。

 

 

 

稚魚が4〜5pになればシンコと呼ばれ、
7〜10cmほどのサイズになると、コハダと呼ばれます。

 

一番美味しいとされ、人気があり、
寿司ネタとして使用されるのも、
このシンコやコハダの時期となります。

 

 

13p程にまでに成長すれば、ナカズミと名が代わり、
最終的に15pになれば、最後の呼び名であるコノシロとなるのです。

 

 

「コハダ」「コハダ」と私達が呼ぶ魚は、
このように出世を行う『出世魚』なのです。

 

 

4つの成長過程を遂げ、最後まで生き残ったものが、
コノシロと呼ばれる成魚となるのです。

 

 

しかし、このコハダという魚は、
面白いことに、若い時が一番値打ちがある魚なんです。

 

 

出世していく毎に、価値が落ちる魚というのも、
何だか悲しいですね。

 

 

ちなみに、成魚であるコノシロは、
揚げ物や塩焼きとして料理されることが多いです。

 

 

成魚であるコノシロの旬の時期は、
11月〜2月とされています。

 

シンコ、コハダの旬の時期は、
7月〜9月となっています。

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

タチウオ
太刀魚の旬は、7月〜11月とされています。こちらでは、特に美味しい8月をタチウオの旬として紹介しています。また、旬の太刀魚は、寿司、刺身はもちろんですが、是非炙り(あぶり)で頂かれてみてください。ほっぺがとろけますよ!
ニジマス
虹鱒(ニジマス)の刺身ときいて、美味しそう!と思い、情報を探すけどなかなか見つからないことも多いと思います。ニジマスには、天然物と養殖物があり、天然物の場合は寄生虫がいる場合が多いので注意が必要です。養殖物であれば、刺身も美味しく食べることができますよ!天然物は塩焼きが美味です。

 

 

ページのトップへ戻る