太刀魚の旬は夏!旨みが増したタチウオを炙りで食べてみませんか?


旬の太刀魚を食べるなら、是非!!炙りで頂いてください♪

太刀魚 タチウオ 炙り

 

 

ギラギラ光る太刀魚は、
見かけ倒しのような魚なのか!?

 

 

 

 

太刀魚(タチウオ)の特徴を紹介

 

 

 

尖った口、狙った獲物は
逃す事のない鋭い歯が立ち並ぶ。

 

 

 

太刀魚は、最大で重さは5キロ、
体長は2メートルを超越する。

 

 

腹ヒレや背ビレはない。

 

 

 

 

その代り、特殊な青みかかった
金属のような光沢を放つ。

 

 

 

グアニン層という銀色の層で包まれ、
尾びれが退化している太刀魚だけが持つ特徴だ。

 

 

 

強そうなイメージに、
派手な衣装を着た立ち振る舞いが、

 

まさしく巧い剣客のようにも感じ取れる。

 

 

 

太刀魚と名付けた訳は、
グアニン層をまとった姿が剣に見え、
強そうなイメージがそうさせたのである。

 

 

 

 

太刀魚は雑食性ではない。

 

貝類などは、まったく口にすることはない。

 

 

 

太刀魚にとって鋭い歯は、
強さを誇示する看板のようなものだ。

 

 

 

 

太刀魚も焼けばおいしく頂ける、
淡白な白身魚でふわっと軟らかい、

 

少々骨が鋭いので気を付けて味わってほしい一品です。

 

 

 

 

太刀魚の炙り刺身は、
カツオのたたきに似ていますね。

 

 

 

鰹の場合、魚の売り子の部分を
バーナーで焼きます。

 

 

 

フライパンで焦げ目を付けるのも可、
そのまま氷水でキュッと締めてあげるんです。

 

 

 

 

生の部分と火が通った部分の二つの味を、

 

一口で二回楽しめるのも炙りの醍醐味だ。

 

 

 

 

太刀魚の炙り刺身も食べたい!

 

 

 

鰹と太刀魚、この両方の魚の
決定的に違うところは、身の色です。

 

 

 

鰹の赤身、太刀魚の白身。

 

 

色が違っても味付けは
甲乙つけられないでしょうね。

 

 

 

白身魚の太刀魚ですが、
このような炙り料理の存在を知る事で

 

 

またいっそう「太刀魚と言う白身魚の魅力」を
知ることが出来きたと思います。

 

 

 

焼き魚の風味、刺身の風味。

 

 

 

この二つの要素を一度に頂ける
太刀魚の炙りを、是非一度召し上がってみてください。

 

 

ポン酢で食べても美味しいんですよ♪

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

コハダ
お寿司で馴染み深い『コハダ』というお魚ですが、出世魚と呼ばれる魚であり、出世の段階で呼び名が変わります。もちろん、一番美味しく食べることができる旬の時期も変わるお魚なんですよ。そんなコハダについての情報を紹介しています!
ニジマス
虹鱒(ニジマス)の刺身ときいて、美味しそう!と思い、情報を探すけどなかなか見つからないことも多いと思います。ニジマスには、天然物と養殖物があり、天然物の場合は寄生虫がいる場合が多いので注意が必要です。養殖物であれば、刺身も美味しく食べることができますよ!天然物は塩焼きが美味です。

 

 

ページのトップへ戻る