鱚(きす)の旬は6月から!沖ギス・本ギス・朝鮮ギスの違いとは?


鱚を食べるなら旬の6月から!沖ギス・朝鮮ギス・似鱚とは!?

鱚の違い 沖鱚 本鱚 朝鮮鱚 似鱚

 

寿司ネタとして欠かせないキス、小さい尖った口を持ち
体長40pと成長をし成魚となる。

 

キスは砂底にて生活する魚として知られていますが、
あるキスの種類は淡水で暮らしていたりします。

 

 

 

お寿司にしても美味しいキスですが、他の料理として
塩焼き、揚げ物、煮つけとバリエーションは豊富!しかも旨い!!

 

 

身は脂っぽさのない淡白な味で白身です。

 

 

キスの産卵期は6月から9月とされています。
砂底では雌が匂いを嗅ぐように頭を突っ込む仕草がみられます。

 

 

キスの魚体の大きな特徴をあげるならば、
魚体を浮かせる浮き袋を欠いてしまっているうという点でしょう。

 

 

 

そして、食べる側の特徴としては、キスは日本人に
愛され続けて馴染み深いということもまた、特徴と言えます。

 

産卵期を迎える6月〜9月はまさしくキスの旬だと言えます。

 

 

 

鱚に似た似鱚(にぎす)は、沖鱚とも言われ、
姿や格好は似るが鱚ではないので注意です。

 

産卵期も鱚とは異なり3月〜9月となっています。

 

 

また、この似鱚は島根県では朝鮮鱚と呼ばれていたりします。

 

つまり朝鮮鱚と沖鱚は似鱚であると言う事になりますね。

 

 

鱚の代名詞であるシロキス。このキスを本鱚と言います。
鱚と似鱚の旬は全く違いますのでご注意を!

 

 

私達が一般的に口にしているのは、シロキス(本鱚)であり、
食べやすい白身で、味わい深いのが特徴です。

 

 

 

似鱚は、美味しくないのか?

 

というと、そうではありません。

 

 

似鱚の美味しい食べ方につみれ汁があります。
似鱚のつみれは臭みがなく美味しいです。

 

 

鱚という魚は、本鱚であれ似鱚であれ、
どちらも美味しく頂ける魚として有名です。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

アジ
日本人に馴染みの深い魚である鯵(アジ)。大衆魚として、昔から沢山の方々に親しまれてきました。アジの塩焼き、アジのナメロウ、アジのカルパッチョ、本当にアジは沢山の料理で活躍しています。もちろん、お寿司も美味しくおすすめですが・・・。高級料亭にて・・・

 

 

ページのトップへ戻る