カサゴの旬は12月〜!カサゴには毒がある種類もいるので注意!


カサゴは12月からが美味!毒のあるカサゴには要注意!!

カサゴ 毒

 

 

カサゴは頭と口がとっても大きく見た目に特徴のある魚です。

 

 

大きな頭が、笠をかぶっているように見えるため
「笠子(カサゴ)」と言われています。

 

 

カサゴといえば、磯釣りでも比較的簡単に釣ることができる魚です。

 

そんな理由もあって、とても親しまれていますよ。

 

 

ちなみに、カサゴは食べることができる部分が
他の魚に比べると少ないもの特徴です。

 

 

見た目もけっして良いとは言えない魚なのですが、
食べるととっても美味しいです。

 

 

白身の肉はあっさりとしていますし、
身も引き締まっていますからね。

 

 

 

 

旬の時期は12月〜3月ごろまでの寒い時期になります。

 

 

とはいえ、年中漁が盛んな魚であり、
いつでも美味しく食べることができますよ。

 

 

 

 

毒のあるカサゴと普通のカサゴの見分け方!!

 

 

カサゴとよく似た魚にオコゼという種類があります。

 

 

特にハオコゼという、カサゴの子どものような魚は
よく釣ることができます。

 

 

ですが、このオコゼという魚にはがあるのです。

 

うっかり触ってしまうと、
トゲで刺されてしまうので注意しましょう。

 

 

カサゴに比べると体のわりにトゲが長く、
見た目も危ない雰囲気がするのが特徴です。

 

 

カサゴとオコゼ 違い

 

 

 

毒性が強くないとはいえ、
とても痛く釣りどころではなくなるでしょう。

 

 

よく釣れる魚ということもあり注意が必要です。

 

 

 

また、ハオコゼは岩に擬態する魚なので、
浅瀬とはいえ素足で歩いていると、うっかり刺されてしまうこともあります。

 

 

くれぐれも注意したいものですね。

 

 

応急処置としては、患部に熱いお湯をかけるといいですよ。


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

マグロ
年間を通じてお寿司屋さんで見かけるマグロですが、マグロにも一番美味しく食べれる旬の時期があります!「マグロ!」と頼んで簡単に食べるよりも、マグロという魚がどんな魚なのかを知って、より美味しくマグロを食べよう!
ヒラメ
あまり聞きなれないことですが、ヒラメを食べて食中毒になる場合があります。原因は、ヒラメが持つ毒の成分であるヒラメトキシンと寄生虫があります。まさかヒラメが原因で食中毒になるわけない。と思っている方が多いので、こちらにヒラメの食中毒についての情報を、美味しいヒラメの特徴とともにご紹介いたします。
ほうぼう
ほうぼうは、基本的に一年中捕獲されている魚です。その為、旬がいつかわからない。といった方もいらっしゃるかもしれません。ほうぼうが一番美味しいとされているのは、12月〜2月の間です。このお魚は、刺身にしても煮付けにしても、その他料理にしても本当に美味しいお魚なのでオススメです♪
モンゴウイカ
12月が旬の寿司ネタに、モンゴウイカのお寿司があります。ちょっと前までは、どこのお寿司屋さんでもよく見かけたものです。しかし、最近はどうでしょう!?モンゴウイカのお寿司を見かけますか?あまりみないですよね・・・。モンゴウイカを最近見かけなくなった理由について解説します!!

 

 

ページのトップへ戻る