ほうぼうの旬は12月〜2月!煮付け料理もうまいがお寿司も最高!


ほうぼうは12月から寿司屋で食べよう!どんな料理でもイケる魚です!

ほうぼう 旬 料理

 

 

 

魚というのは、見た目が悪いものほど、
美味しいと言われることがあります。

 

 

ほうぼうは見た目もきれいで、味も良い魚です。

 

 

頭が大きく、角ばっている見た目が特徴的です。

 

 

 

その見た目から「方頭(ほうぼう)」と呼ばれたことが
語源になったとも言われています。

 

 

 

 

体は赤く、鎧兜を付けたような姿なので、
目出度い魚と言われ、男の子のお祝い事のときに
食べられることの多い魚でもあります。

 

 

 

ほうぼうは一年中捕獲されている魚なので、
いつ食べても美味しいです。

 

 

 

特に美味しい時期は12月〜2月の寒い時期
と言われています。

 

 

ほうぼうは日本に限らず、
鍋や煮込み料理などに使われることが多い魚です。

 

 

ですから、寒い時期に食べることが多く
まさに旬の時期に食べたい魚と言えますね。

 

 

 

 

ほうぼうはいろんな料理に使われます

 

 

ほうぼうは白身魚です。

 

 

とっても上品な味わいで、
お刺身にすると見た目も美しいです。

 

 

お寿司としてもお馴染みのお魚ですよね。

 

 

 

お刺身以外にも、煮物や鍋などでも親しまれています。

 

 

洋では、ブイヤベース(海鮮スープ)に欠かせない魚です。

 

 

どのような食べ方をしても美味しいと
いわれているのがほうぼうですし、
実際に和洋問わず、いろんな料理に使われています。

 

 

 

やはり鮮度の良いほうぼうは、お刺身が1番です。

 

 

そして、ゼラチン質の多いほうぼうは
煮こごりにも向いている魚です。

 

 

 

頭をじっくりと煮込んで
煮こごりにしてしまうのも美味しい食べ方です。

 

 

 

ほうぼうは捨てるところがないと言われるぐらい、
いろんな料理に使えますよ♪

 

 


 

 

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい旬の寿司ネタ裏知識

マグロ
年間を通じてお寿司屋さんで見かけるマグロですが、マグロにも一番美味しく食べれる旬の時期があります!「マグロ!」と頼んで簡単に食べるよりも、マグロという魚がどんな魚なのかを知って、より美味しくマグロを食べよう!
カサゴ
比較的年中美味しく食べられる魚であるカサゴですが、もっとも美味しいとされているのは12月から2月、3月頃となります。このカサゴですが、普通のカサゴに毒はありませんが、中には毒を持つ種類もいます。その見分け方もご紹介します。
ヒラメ
あまり聞きなれないことですが、ヒラメを食べて食中毒になる場合があります。原因は、ヒラメが持つ毒の成分であるヒラメトキシンと寄生虫があります。まさかヒラメが原因で食中毒になるわけない。と思っている方が多いので、こちらにヒラメの食中毒についての情報を、美味しいヒラメの特徴とともにご紹介いたします。
モンゴウイカ
12月が旬の寿司ネタに、モンゴウイカのお寿司があります。ちょっと前までは、どこのお寿司屋さんでもよく見かけたものです。しかし、最近はどうでしょう!?モンゴウイカのお寿司を見かけますか?あまりみないですよね・・・。モンゴウイカを最近見かけなくなった理由について解説します!!

 

 

ページのトップへ戻る